モノイスト

YouTuberのためのスキル解説サイト

【違い】Affinity Photo無印とAffinity Photo 2の違いは?2を買うべき?

2022年11月、全くのサプライズでAffinity Photo 2が発売されました。

Affinity PhotoとAffinity Photo 2の違いはどこにあるのでしょうか。

果たして、Affinity Photo 2に買い換える必要はあるのでしょうか?

Affinity Photo 2の最大の違いはレイヤーエフェクト

Affinity Photo 2の追加機能で最大のものはレイヤーエフェクトだと思っています。

Affinity Photoではレイヤーエフェクトは一回だけかけるエフェクトになっています。

studio.monoist.work

 

Affinity Photoでは、レイヤーエフェクトタブで効果を選択していました。

Affinity Photo 2では新たにレイヤーエフェクトのボタンでかけることになります。

レイヤーエフェクトのボタン

 

例えば、この白文字にレイヤーエフェクトをかけるなら、「FX」ボタンを押します。

FXボタン

 

そして「アウトライン」を文字にかけます。

アウトラインをかける

 

そして「+」をクリックすることで、もう一度同じアウトラインをかけることができます。

もう一度アウトラインをかける

 

これは数年前のPhotoshopでも出来るようになったことで、正統進化と言えるかもしれませんね。

2ではなくAfiinity Photo無印でやるなら、一度ラスタライズして文字情報を捨てて、アウトラインを再度かけるか……。

あるいは、わたしが今やっているように、テキストスタイルのアウトラインをかけてから、レイヤーエフェクトのアウトラインをかければ、同じことができます。

studio.monoist.work

Affinity Photo 2の機能追加:ライブメッシュワープ

2になったことで、特筆しておくべきな機能追加は「ライブメッシュワープ」でしょう。

まずは、メッシュワープしたい素材をラスタライズしておきます。

ラスタライズ

 

そして、ライブフィルターボタンを押して「メッシュワープ」を選択します。

ライブフィルター

 

メッシュワープで、ライブに画像を歪めます。

画像を歪める

 

ここで、赤い矢印が邪魔なので編集したいとしましょう。

ライブメッシュワープはグループになっているので、いったん非表示にすると、ワープする前の状態に戻ります。

前の状態に戻る

 

元の素材の状態で、赤い矢印を消します。

赤い矢印を消す

 

そして、ライブメッシュワープを再度表示すると、先ほどのワープが適用されます。

ワープが適用される

 

つまり、元の素材を残したまま、ワープができるので、ライブメッシュワープ、ということになります。

ワープさせたい素材が複雑な場合には、役立つ機能だと思います。

ちなみにAfiinity Photo無印では、パースペクティブワープはライブで出来ましたが、メッシュワープではできませんでした。

メッシュワープはできない

Affinity Photo 2を買い直すべき?

このように、正統進化と呼べるバージョンアップです。

では、Affinity Photo 2を買い直すべきなのでしょうか。

わたしは……買わないと思います。

 

確かに、アウトラインが2重にかけられるのは便利な機能だと思います。

PhotoshopではできるのにAffinity Photo無印で出来ないので、劣っていると感じた部分でもあります。

これはMacの話になりますが、日本語キーボードの「英数」「かな」キーに対応したら、Affinity Photo 2を買うかもしれません。

しかし、まだ対応が不十分で、これもPhotoshopより劣っている部分に思えます。

 

Affinity Photoの最大の魅力は、買い切りのアプリなので、年額の費用がかからないことです。

毎年バージョンアップされて、その度に買い直すのであれば、Photoshopを使ったほうが便利だと思います。

PhotoshopはAIを使った新機能などが追加されていて、常に最新のバージョンが使えます。

 

その代わり、Affinity Photoは買い切りのアプリです。

有利な点はそこです。

バージョンアップ価格が設定されているならバージョンアップも考えますが、フルプライスでバージョンアップしろ、というのはちょっと疑問ですし、買うのであればAffinity Photo最大の魅力を捨てている…かもしれません。

 

月額課金になる前のPhotoshopはバージョンアップごとにライセンスが違ったので、同じ状況とも言えそうですね。

Affinity Photo解説シリーズ

studio.monoist.work

WindowsのAffinity Photoで「書き出し」ってどうするの?

WindowsのAffinity Photoで角ゴシックフォントを使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopのレイヤー効果を使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopの自由変形をする方法

Affinity Photoの切り抜きツールとPhotoshopの遠近法ワープを使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopのコンテンツに応じた消去をする方法

Affinity Photoのペンツールの使い方と矢印の作り方

【Windows】Affinity Photoのカラーピッカーが独特だったので解説します

Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。