モノイスト

YouTuberのためのWindows特化サイト

Affinity Photoで画像やPSDの「書き出し」ってどうするの?

わたしはMacでPhotoshopを使ってきたのでAffinity Photoは使いやすいと感じていましたが、WindowsのAffinity Photoで書き出ししようと思うと、他のアプリとはかなり操作が違うのではないかと感じました。そこで、この記事ではAffinity Photoの書き出しを解説します。

Windows版のAffinity Photoで書き出しって?

そもそも「書き出し」という作業がMacのPhotoshopでの作業になっています。ショートカットとしては「Ctrl+Alt+Shift」+「S」とWindowsでは考えられないようなショートカットです。

 

「ファイル」メニューの「エクスポート」がこの機能ですので、Windows的な操作の方がやりやすいでしょう。

ファイルメニュー

 

「PNG」が選択されているので「エクスポート」のボタンをクリックすればPNGで保存されます。

エクスポート

Affinity PhotoでPSDファイルを書き出しする方法

Affinity PhotoでPSDファイルを開いたり、書き出したりできます。

PSDファイルを書き出すには「ファイルメニュー」の「エクスポート」をクリックします。

ファイルメニュー

 

エクスポートの画面で「PSD」を選択します。

PSD

 

プリセットで「編集可能性を維持」というオプションがあります。Photoshopの互換性を優先と似ていますね。

編集可能性を維持

 

「エクスポート」ボタンをクリックすればPSDファイルを書き出しできます。

エクスポート

 

これでPhotoshopでも開くことができるPSDファイルを作成できますが、印刷物の原稿として使えるかとなると難しいところです。入稿した先で同じ見た目になるかが保証できないからです。印刷物の業界でAffinity Photoで開いてくださいとは言えないと思います。

 

 

Windows版のAffinity Photoってどうなの?

Affinity Photoを簡単に言えばPhotoshop互換アプリです。Photoshopは年間契約で13,000円ほどがずっとかかります。しかも年の途中で解約すると違約金を取られます。そのためわたしはPhotoshopなかなかやめることができませんでした……。

 

Affinity Photoに移行してみるとPhotoshopでやりたいことが全部できます。

 

PhotoshopはWebデザインでも使われるので、画像を書き出しするのにも設定が必要になりますが、Affinity Photoは「Ctrl+S」の保存だけでもエクスポートしてくれる機能があります。例えばPNG画像ファイルにちょっと矢印を加えたりして「Ctrl+S」で保存するとこのように「フラット化して保存」というボタンがあります。

フラット化して保存

このボタンで保存すると元のPNGファイルにエクスポートして上書きしてくれます。Photoshopのクイック書き出しのような機能が「Ctrl+S」で使えることになります。この操作がとても便利なので、わたしはブログの画像をAffinity Photoだけで作るようになりました。

軽くて使いやすいのも便利に使えるポイントだと思います。

Affinity Photo解説シリーズ

WindowsのAffinity Photoで「書き出し」ってどうするの?

WindowsのAffinity Photoで角ゴシックフォントを使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopのレイヤー効果を使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopの自由変形をする方法

Affinity Photoの切り抜きツールとPhotoshopの遠近法ワープを使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopのコンテンツに応じた消去をする方法

Affinity Photoのペンツールの使い方と矢印の作り方

【Windows】Affinity Photoのカラーピッカーが独特だったので解説します

 

Photoshopは年間契約で13,000円がずっとかかって、途中で解約すると違約金が発生します。Affinity PhotoならYouTubeなどのサムネイルに必要な機能が全て使えて7,000円で買ってしまえば永久に使えるので、とてもお得なアプリになっています。

iconicon

Affinity Photo

  • (Serif Europe Ltd)
  •  
Microsoft Store