モノイスト

YouTuberのためのWindows特化サイト

【Windwows】Affinity PhotoでPhotoshopの自由変形をする方法

わたしはPhotoshopを使ってYouTubeのサムネイルなどを作ってきましたが、Affinity Photoに必要な機能が全てあったので乗り換えています。今回はAffinity Photoで、Photoshopの自由変形と同じ機能を解説していきます。

Photoshopとは自由変形が違うAffinity Photo

このタイトルを自由変形していきます。

タイトル画像

このタイトルの作り方はこちらの記事で解説しています。

studio.monoist.work

 

自由変形はこの「移動ツール」を使います。

移動ツール

 

この「角」にある点をドラッグすれば全体の大きさが変えられます。

全体を大きさを変える

 

「横」にある点をドラッグすると横の比率が変わります。

横の比率を変える

Affinity Photoのラスタライズを解説

Affinity Photoは文字の情報を維持したまま自由変形できますが、もっと自由に変形やレイヤーエフェクトをかけるためには「ラスタライズ」という操作が必要になります。

例えば、タイトルにレイヤーエフェクトをかけたとします。

レイヤーエフェクト

 

レイヤーエフェクトをもう一度かけたいときには、ラスタライズして文字情報とエフェクト情報を、単なる画像(=ピクセル)に変換します。

ラスタライズ

 

するともう一度、同じレイヤーエフェクトをかけられます。

レイヤーエフェクト

 

わたしはこのレイヤーエフェクトをYouTubeのサムネイルで使っていました。

こちらの記事で解説しているので合わせて参考にしてください。

studio.monoist.work

 

 

Affinity Photo解説シリーズ

WindowsのAffinity Photoで「書き出し」ってどうするの?

WindowsのAffinity Photoで角ゴシックフォントを使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopのレイヤー効果を使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopの自由変形をする方法

Affinity Photoの切り抜きツールとPhotoshopの遠近法ワープを使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopのコンテンツに応じた消去をする方法

Affinity Photoのペンツールの使い方と矢印の作り方

【Windows】Affinity Photoのカラーピッカーが独特だったので解説します

 

Photoshopは年間契約で13,000円がずっとかかって、途中で解約すると違約金が発生します。Affinity PhotoならYouTubeなどのサムネイルに必要な機能が全て使えて7,000円で買ってしまえば永久に使えるので、とてもお得なアプリになっています。

iconicon

Affinity Photo

  • (Serif Europe Ltd)
  •  
Microsoft Store