モノイスト

YouTuberのためのWindows特化サイト

WindowsのAffinity Photo / Designerで角ゴシックフォントを使う方法(M+フォント)

YouTubeのサムネイルを作成するとき、Mac版で使うなら、最初からヒラギノフォントが入っているのですが、Windowsで使う場合にはよく使われる角ゴシックのフォントがありません。この記事ではフォントのインストールから解説していきます。

画面はAffinity Photoで解説していますが、Affinity Designerでも同様です。

角ゴシックフォント「M+フォント」をインストールする

まず角ゴシックフォントをダウンロードしましょう。おすすめはフリーフォントの「M+ FONT」です。現在はGithubで開発が続いていて公開されています。M+ FONTのHeavyM+ FONTのExtra-Boldをダウンロードしておけば使えます。

上記のリンクにアクセスしたら「Download」ボタンをクリックしてダウンロードしてください。

Download

 

ダウンロードした「otf」ファイルをダブルクリックして開いて、「インストール」ボタンをクリックすると使えるようになります。

インストール

 

ちなみに「Black」は一番太い超極太、「Extra-Bold」は極太です。

Affinity Photoで角ゴシックフォントを使う

Affinity Photoを開くと自動的にフォントを検索してくれることがわかると思います。

フォント

 

角ゴシックフォントを使うには「アーティスティックテキスト」ツールをクリックします。

アーティスティックテキスト

 

フォントの一覧に先ほどインストールした角ゴシック「M PLUS 1」があるので選択します。フォントの太さは「Extra-Bold」を使います。

フォントの選択

 

では角ゴシックで文章を打ってみましょう。

テキストを書き込みたいところでマウスをドラッグして文字のだいたいの大きさを決めます。

文字の大きさ

 

文字を入力すると角ゴシックを使って打つことができます。

角ゴシック

 

角にある点をドラッグすると文章全体の大きさを調整できます。

大きさ調整

 

 

Affinity Photoの角ゴシックでタイトルを作る

ここからはYouTubeのタイトルでよく使われる文字の装飾を解説していきます。

 

文字を追加してタイトルっぽくしました。

タイトル

 

ここから文字の装飾をしていきます。

タイトルの文章を全て選択します。

文字の選択

 

「a」のアイコンになっている「文字」ボタンをクリックすると「文字」ウィンドウが開きます。

文字ボタン

 

文字の色を白にします。色の選択は「HSLカラーホイール」が使いやすくておすすめです。

文字を白にする

 

文字にアウトラインを付けます。

アウトラインを太くして、アウトラインのスタイルをこのように設定します。

アウトラインのスタイル

  • 線端:ラウンド線端
  • 結合:ラウンド結合
  • 整列:境界線を外側に揃えます
  • 順序:境界線を後方に描画します

 

アウトラインの色を決めます。

アウトラインの色

 

これで完成です。文字のウインドウを閉じます。

出来上がりをみたいときは「ハンドツール」にしてみると、何も選択されていない状態になるので全体のバランスを見ることができます。

タイトル完成

 

「しょう」の文字間隔が広く見えるのですが、これは「文字」ウィンドウのカーニングで調整できます。

カーニング

 

カーニングできれいなタイトルにできますが、YouTubeのサムネイルでそこまで設定しているYouTuberはほとんどいません。もし必要になったら使うということでいいと思います。

 

 

わたしが実際にYouTubeのサムネイルで角ゴシックを使うときには、レイヤーエフェクトと合わせて使っています。こちらの記事で解説しているので参考にしてください。

studio.monoist.work

Affinity Photo解説シリーズ

WindowsのAffinity Photoで「書き出し」ってどうするの?

WindowsのAffinity Photoで角ゴシックフォントを使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopのレイヤー効果を使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopの自由変形をする方法

Affinity Photoの切り抜きツールとPhotoshopの遠近法ワープを使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopのコンテンツに応じた消去をする方法

Affinity Photoのペンツールの使い方と矢印の作り方

【Windows】Affinity Photoのカラーピッカーが独特だったので解説します

 

Photoshopは年間契約で13,000円がずっとかかって、途中で解約すると違約金が発生します。Affinity PhotoならYouTubeなどのサムネイルに必要な機能が全て使えて7,000円で買ってしまえば永久に使えるので、とてもお得なアプリになっています。

iconicon

Affinity Photo

  • (Serif Europe Ltd)
  •  
Microsoft Store