モノイスト

YouTuberのためのWindows特化サイト

【Windows】Affinity Photoのカラーピッカーが独特だったので解説します

わたしはMacのFinal CutとPhotoshopを使ってYouTubeの収益化を担当しました。今はAffinity Photoで必要な機能が全て使えるので全面的にAffinity Photoに乗り換えています。この記事ではちょっと独特なWindows版Affinity Photoのカラーピッカーを解説していきます。

Affinity Photoのカラーピッカーの使い方

わたしがカラーピッカーを一番使う場面は、画像に含まれているゴミを消すときです。

例えば、画像にマウスカーソルが写ってしまったときなどに使えます。

マウスカーソル

 

「カラーピッカーツール」を使って、マウスカーソルの背景と同じ色をピックアップします。

カラーピッカーツール

 

そして「塗りつぶしツール」でマウスカーソルを塗りつぶしてしまえば、マウスカーソルを消すことができます。

マウスカーソルを消す

 

ほとんどの場合は「インペンディングツール」を使って1クリックで消せるので、カラーピッカーを使うときは、うまく消せないときに使うことになるでしょう。

studio.monoist.work


「カラーピッカーツール」を使うときは普通のカラーピッカーと変わりませんが、次項の使い方がちょっと独特です。

独特なAffinity Photoのカラーピッカーを使う方法

カラーピッカーは「カラー」ウインドウにもあります。

カラーウィンドウ

この使い方が独特なので最初はちょっとわかりにくいと思います。

カラーピッカーをクリックすると「カラーピッカーツール」になるのではなく、カラーピッカーをドラッグして、ピックアップしたい色のところでクリックを離すと、その地点の色がピックアップされます。

カラーピッカーをドラッグ

ちなみに、Macだとプライバシーの許可を設定する必要があるのでもっとわかりにくいですね……。

 

色を検出したカラーピッカーをクリックすると、描画色として選択できます。

描画色

 

あとは「塗りつぶしツール」でなどで普通に使うことができます。

塗りつぶしツール

 

わたしはずっとPhotoshopを使っていたので、最初に紹介した方法が使いやすいですが、自分の使いやすい方の使い方さえ覚えておけば特に問題はないと思います。

 

 

Affinity Photo解説シリーズ

WindowsのAffinity Photoで「書き出し」ってどうするの?

WindowsのAffinity Photoで角ゴシックフォントを使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopのレイヤー効果を使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopの自由変形をする方法

Affinity Photoの切り抜きツールとPhotoshopの遠近法ワープを使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopのコンテンツに応じた消去をする方法

Affinity Photoのペンツールの使い方と矢印の作り方

【Windows】Affinity Photoのカラーピッカーが独特だったので解説します

 

Photoshopは年間契約で13,000円がずっとかかって、途中で解約すると違約金が発生します。Affinity PhotoならYouTubeなどのサムネイルに必要な機能が全て使えて7,000円で買ってしまえば永久に使えるので、とてもお得なアプリになっています。

iconicon

Affinity Photo

  • (Serif Europe Ltd)
  •  
Microsoft Store