モノイスト

YouTuberのためのWindows特化サイト

【Windows】Affinity Photoの切り抜きツールとPhotoshopの遠近法ワープを使う方法

わたしはMacのFinal CutとPhotoshopを使ってYouTubeの収益化を担当しましたが、今から個人でYouTubeを始めるとなると「Photoshopを使ってサムネイルを作りましょう」とは言いにくいです。今回はPhotoshopよりもっと安いAffinity Photoを使って、切り抜きと遠近法ワープについて解説していきます。

WindowsのAffinity Photoで切り抜きをツールを使う方法

Affinity Photoの「切り抜きツール」でこの画像を切り抜いていきます。

切り抜きツール

 

横部分を切り抜くために、点をドラッグして移動します。

横を切り抜く

 

縦方向にも切り抜くために、縦の点を移動します。

縦に切り抜く

 

「適用」をクリックすると切り抜きができます。

切り抜きを適用

 

もっと複雑な形を切り抜くには選択ブラシツールなどを使います。

猫を切り抜く方法を解説しているので参考にしてください。

studio.monoist.work

Affinity PhotoでPhotoshopの遠近法ワープを使う方法

このWindows10の窓は遠近法が使われているので正面から見たようにパースを変えてみます。Affinity Photoでは「パースペクティブツール」ですね。パースと同じ意味です。「メッシュワープツール」を長押しすると「パースペクティブツール」があるので選択します。

パースペクティブツール

 

画面が足りないのでズームアウトします。

ズームアウト

 

ドキュメント全体を変形する操作の場合、ワープするときに画面の外にマウスカーソルが出てしまうことがあります。そこで以下の設定をしてみると使いやすいと思います。

「編集>環境設定」をクリックします。

環境設定

 

「ツール」の「ズームにマウスホイールを使用」にチェックを入れておくと、スクロールの代わりにズームができるようになります。

ズームにマウスホイールを使用

 

今回の例ではかなりズームアウトしてパースペクティブツールの角をワープしていきます。

遠近法ワープ

 

窓がまっすぐになったら「適用」をクリックします。

適用

 

遠近法ワープはこれで完了です。

ハンドツールで画面をダブルクリックすると、ちょうどいい大きさにズームしてくれるので便利ですよ。

ハンドツール

 

 

Affinity Photo解説シリーズ

WindowsのAffinity Photoで「書き出し」ってどうするの?

WindowsのAffinity Photoで角ゴシックフォントを使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopのレイヤー効果を使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopの自由変形をする方法

Affinity Photoの切り抜きツールとPhotoshopの遠近法ワープを使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopのコンテンツに応じた消去をする方法

Affinity Photoのペンツールの使い方と矢印の作り方

【Windows】Affinity Photoのカラーピッカーが独特だったので解説します

 

Photoshopは年間契約で13,000円がずっとかかって、途中で解約すると違約金が発生します。Affinity PhotoならYouTubeなどのサムネイルに必要な機能が全て使えて7,000円で買ってしまえば永久に使えるので、とてもお得なアプリになっています。

iconicon

Affinity Photo

  • (Serif Europe Ltd)
  •  
Microsoft Store