モノイスト

YouTuberのためのWindows特化サイト

Filmoraで高速再生(倍速)やスローモーションの動画を編集する使い方

わたしはYouTubeの収益化を担当して今はVTuberのプロデュースをしています。この経験を通して、これからYouTubeやその他の動画を編集したい人に「Macを買ってFinalCutを使ってください」とはちょっと言えません。

ここではもっと安いFilmoraで高速再生やスローモーションの動画編集を解説していきます。

Filmoraで倍速や高速再生する動画を編集する使い方

YouTubeなどで作業の解説をするときに、全ての作業をそのまま動画にしていくと視聴者は飽きて離れていきます。そこで単調な作業は高速で再生する手法がよく使われていいます。そんな動画を編集していきましょう。

 

この動画を編集していきます。

動画の編集

すでにカット編集は終わっていて、あとは視聴者が飽きないように動画を短くしていくところです。カット編集についてはこちらの記事で解説しているので参考にしてください。

studio.monoist.work

 

では倍速からやってみましょう。倍速にしたいカットを右クリックして「スピードと再生時間」をクリックします。

スピードと再生時間

 

出てきたウィンドウで「2」と入力すれば2倍の倍速再生になります。

倍速再生

右クリックで選択した部分が半分の再生時間になっていますね。

 

スライダーを使ってもっと速い高速再生にすることもできます。再生時間が表示されているので5秒くらいで再生されるように設定してみました。

5くらいで再生

 

プレビューで再生してみると一瞬で作業が完了したような再生速度になっています。

プレビュー

 

この高速再生を元に戻すには、右クリックで「スピードと再生時間」をクリックして「1」と入力すれば1倍の再生、つまり元の速さに戻ります。

元に戻す

Filmoraでスローモーションの動画を編集する使い方

YouTubeの動画ではあまりスローモーションは使いませんが、0.75倍くらいのスローにしてタイミングを合わせる時間を作ったりすることはあります。スローの再生にするのも、カットを右クリックして、「0.75」と入力します。

スローの再生

動画の再生時間が伸びていますね。

 

高速再生もスローモーションも同じ操作です。うまくタイミングを合わせるようにしてみましょう。

もしテロップや字幕を読んでもらいたい場合は、スローモーションよりフリーズフレームを使ったほうが良い場合があります。フリーズフレームを使うと画面を一時停止できるので、画面が止まってい間に視聴者は字幕を読むことに集中できます。

フリーズフレームの使い方はこの記事で解説しています。

studio.monoist.work

 

FilmoraはAmazonに公式ショップがあって、よくセール価格で売られています。

もしセールをしていたらお得に購入できますよ。

Wondershare Filmoraの使い方まとめ

YouTube動画を作るWondershare Filmora Xの使い方まとめ

エフェクトとトランジションを使ってYouTubeの終了画面を作成する 

Filmoraでよく使うプロジェクトの設定と解説

WindowsのFilmoraでとてもよく使うおすすめショートカット

FilmoraでBGMなどの音楽を入れる方法とフェードアウトのやり方

Filmoraで画面の一部にモザイクをかける方法と動かす方法

Filmoraで一時停止するフリーズフレームの使い方と削除する方法

Filmoraで倍速やスローモーションの動画を編集する使い方

Filmoraでアニメーションするキーフレームの使い方