モノイスト

YouTuberのためのスキル解説サイト

ナレーションなどの音が小さいときにFilmoraで大きくする方法(オートノーマライズ)

わたしはYouTubeチャンネルのディレクターの仕事もしています。最近、動画編集者でFilmoraを使っている方が増えてきました。この前、動画編集を依頼したナレーションの音が小さく、Filmoraを使って大きく調整してもらう必要がありました。

今回はFilmoraを使ってナレーションなどの音を大きくする方法をお伝えします。

Filmoraで音を大きくできるのは12dbまで?

普通にFilmoraを使って音を大きくするには、音量レベルの線をドラッグすると音量を大きくできます。

音量レベルの線をドラッグ

 

しかし、この方法では最大+12dbまでしか大きくできません。

もっと大きくするには以下の方法が使えます。

Filmoraのオートノーマライズで音を大きくする

音源をダブルクリックして詳細編集画面を出すと「オートノーマライズ」という機能があります。

オートノーマライズ

 

オートノーマライズにチェックを入れると、自動的に音の大きさを許容範囲の最大まで上げてくれます。

オートノーマライズにチェック

 

これで、+12dbを超えて、音を増幅してくれます。

音が増幅された

 

ナレーションなどの音を大きくするときにはノイズに注意

Filmoraのオートノーマライズは、最大限ぎりぎりまで音を大きくしてくれる便利な機能ですが、ナレーションなどの音が小さく録音されていて、それを増幅するとノイズまで増幅されてしまうことになります。

 

そんなときにFilmoraには便利な機能「ノイズ除去」があります。

ノイズ除去

 

注意点として、ノイズ除去は「弱」のまま使ったほうが良い結果になります。

「強」にすると音質が変わってしまうので、できれば「弱」でノイズを減らす程度にしておいたほうがいいでしょう。

ノイズが除去された音声

 

FilmoraはAmazonに公式ショップがあって、よくセール価格で売られています。

もしセールをしていたらお得に購入できますよ。

Wondershare Filmoraの使い方まとめ

YouTube動画を作るWondershare Filmora Xの使い方まとめ

エフェクトとトランジションを使ってYouTubeの終了画面を作成する 

Filmoraでよく使うプロジェクトの設定と解説

WindowsのFilmoraでとてもよく使うおすすめショートカット

FilmoraでBGMなどの音楽を入れる方法とフェードアウトのやり方

Filmoraで画面の一部にモザイクをかける方法と動かす方法

Filmoraで一時停止するフリーズフレームの使い方と削除する方法

Filmoraで倍速やスローモーションの動画を編集する使い方

Filmoraでアニメーションするキーフレームの使い方