モノイスト

YouTuberのためのWindows特化サイト

Filmoraで画像を動かすアニメーションのやり方(キーフレームの使い方)

わたしはYouTubeの収益化を担当して今はVTuberのプロデュースをしています。この経験を通して、これからYouTubeやその他の動画を編集したい人に「Macを買ってFinalCutを使ってください」とはちょっと言えません。

ここではもっと安いFilmoraを使って、アニメーションで画像を動かす方法を解説していきます。

動画編集のアニメーションとは?キーフレーム?

動画編集で使うアニメーションとは、日本のアニメのように手足や顔を動かす機能ではありません。画像であれば、全体的に画像をスクロールさせたり、ズームインしたりするような使い方をアニメーションと呼びます。

この記事では、このように画像をスクロールして動画にする使い方を解説していきます。

スクロールの動画

 

動画編集のアニメーションで必ず出てくる用語が「キーフレーム」です。今回は、アニメーションの始めと終わりの位置を決めるキーフレームの使い方をするので、まずはこの使い方で覚えてしまうといいと思います。

Filmoraの動画に画像を使うやり方

まず動画のタイムラインに画像を配置します。

タイムラインに画像を配置

横画面の動画に縦画像を配置したので左右に余分な黒い帯があります。

 

画像のカドを移動させて幅を画面いっぱいまで広げます。

幅を画面いっぱいまで広げる

 

動画全体の長さを決めます。

動画全体の長さ

では、この画像を動かしていきましょう。

Filmoraのアニメーションでキーフレームを打つ

画像の一番最初に再生ヘッドを置いたままで右クリックして「アニメーションを追加」を選択します。

アニメーションを追加

 

「+追加」ボタンをクリックするとキーフレーム「●」が追加されます。

この位置からスクロールするタイミングのキーフレームです。

+追加

 

画像の最後に再生ヘッドをドラッグします。

再生ヘッド

 

「+追加」ボタンでキーフレーム「●」を打ちます。

スクロールを終了させるタイミングのキーフレームになります。

+追加

 

このキーフレームのタイミングで、スクロールを終了させる位置を決めます。

スクロールを終了させる位置

これでアニメーション(スクロール)ができました。

 

プレビューで再生してみると画像全体がスクロールしています。

画面全体がスクロール

Filmoraのアニメーションとキーフレームの関係

このキーフレームの考え方は動画編集アプリ共通の考え方ですが、ちょっとわかりにくいかもしれません。今回はこのようなキーフレームの設定になっています。

キーフレーム(0秒):x=0, y=0

キーフレーム(10秒):x=0, y=154

つまり、10秒かけて縦に154ピクセル動いているわけです。

 

アニメーションはズームインにも使えます。

ズームインにキーフレームを使う場合はこのような設定になります。

キーフレーム(0秒):スケール1倍

キーフレーム(10秒):スケール3倍

この設定だと10秒かけて3倍までズームインすることになります。

こちらの記事ではズームインするやり方も解説しているので合わせて読むとわかりやすいかもしれません。

studio.monoist.work

 

FilmoraはAmazonに公式ショップがあって、よくセール価格で売られているので、もしセールをしていたらお得に購入できますよ。

Wondershare Filmoraの使い方まとめ

YouTube動画を作るWondershare Filmora Xの使い方まとめ

エフェクトとトランジションを使ってYouTubeの終了画面を作成する 

Filmoraでよく使うプロジェクトの設定と解説

WindowsのFilmoraでとてもよく使うおすすめショートカット

FilmoraでBGMなどの音楽を入れる方法とフェードアウトのやり方

Filmoraで画面の一部にモザイクをかける方法と動かす方法

Filmoraで一時停止するフリーズフレームの使い方と削除する方法

Filmoraで倍速やスローモーションの動画を編集する使い方

Filmoraでアニメーションするキーフレームの使い方