モノイスト

YouTuberのためのスキル解説サイト

Windowsのレジストリを変更せずにマウスホイールの向きを逆にする方法

WindowsとMacを両方使っているとマウスホイールのスクロールが逆なのがとても気になりますよね。Windowsのホイールを逆向きにする方法は、レジストリエディタで変更することになりますが、ちょっと難しい……と思うので、レジストリを変更しないで上下逆にする方法をお伝えします。

マウスホイールの向きを逆にするAutoHotKey

このAutoHotKeyというアプリを使います。

www.autohotkey.com

 

「Download」をクリックして「Download Current Version」をクリックします。

Download Current Version

 

ダウンロードできたらインストーラーを実行します。

インストーラーを実行

 

「Express Installation」をクリックします。

Express Installation

 

「Run AutoHotKey」をクリックします。

Run AutoHotKey

マウスホイールの向きを逆にする設定を作る

このアプリはいろいろな機能を自動で処理するためのアプリなのですが、このアプリにマウスホイールの上下を逆にするという設定を読み込ませることになります。

 

デスクトップ画面で「テキストドキュメント」を作成します。

テキストドキュメント作成

 

このスクリプトをコピーしてペーストしてから保存します。

WheelUp::

Send {WheelDown}

Return

WheelDown::

Send {WheelUp}

Return

テキストを保存

 

エクスプローラーで拡張子を表示する設定にします。

拡張子を表示

 

テキストファイルの名前を「wheel.ahk」に変更します。

名前の変更

 

この設定ファイルを実行するとホイールの向きが逆になりますが、Windowsを起動するたびに実行するのは面倒なのでスタートアップに登録しておきましょう。

マウスホイールの向きを逆にするスタートアップ

「Win」キー+「R」キーで画面が出てくるので、この文字列をペーストしてOKを押します。

shell:startup

Win+R

 

OKを押して出てきた「スタートアップ」のフォルダに先程の設定ファイルを移動します。

スタートアップフォルダ

 

これでWindowsが起動したときに設定ファイルが実行されるので、ホイールの向きはいつも逆になりますよ。もし元に戻したいときは「Win+R」で先程のフォルダ(shell:startup)を開いて設定ファイルを削除してください。