モノイスト

YouTuberのためのWindows特化サイト

Premiere Proのおすすめショートカットと高速カット編集のやり方

Premiere Proでカット編集をするとき、初期設定のキーボードショートカットのままでは、わかりにくくなっていて効率が悪くなります。この記事ではPremiere Proのおすすめショートカット設定と、ショートカットを使った高速カット編集をご紹介します。

Premiere Proのおすすめキーボードショートカット

キーボードショートカットは「編集>キーボードショートカット」で設定できます。

編集>キーボードショートカット

 

YouTubeなどの動画を作成するときに、一番多い作業はカット編集です。

このカット編集に関係するショートカットを設定していきます。

検索窓に「編集点」と入力します。

検索窓

 

「編集点を追加」のショートカットをクリックして、何もないフィールドをクリックするとショートカットが追加できるようになります。

何もないフィールドをクリック

 

「Ctrl」を押しながら「B」を押すと「Ctrl+B」が追加できます。

Ctrl+B

編集点を追加には「Ctrl+K」が初期設定されていますが、片手で操作できません。「Ctrl+B」だと片手で操作できて、他のショートカットと衝突しない一番使いやすいショートカットにできます。

 

下の方にスクロールすると「前の編集点を再生ヘッドまでリップルトリミング」という項目があります。

前の編集点を再生ヘッドまでリップルトリミング

 

このショートカットは「Q」です。このままでも使いやすいので大丈夫です。

Q

 

もうちょっと下にスクロールすると「次の編集点を再生ヘッドまでリップルトリミング」という項目があります。

次の編集点を再生ヘッドまでリップルトリミング

 

このショートカットも「W」のままで大丈夫です。

W

Premiere Proのショートカットを使った高速編集

ご紹介した3つのショートカットを使うと、カット編集がとても高速でできるようになります。

 

実際の使い方としては、まず「Ctrl+B」で編集点を作ります。

マウスでカットしたいところまでドラッグして、片手で「Ctrl+B」を押します。

編集点

 

次は、編集点から再生ヘッドまでリップル削除します。この作業は「Q」だけで済みます。

再生ヘッドまでリップル削除

 

動画の終わりを作って、残りをリップル削除する作業は「W」だけで済みます。

残りをリップル削除

 

  1. 編集点を追加(Ctrl+B)
  2. 前の編集点を再生ヘッドまでリップルトリミング(Q)
  3. 次の編集点を再生ヘッドまでリップルトリミング(W)

この3つだけでほとんどのカット作業ができるようになります。YouTubeの動画を制作するなら延々とこのカット作業をすることになるので重要で、しかもとても楽になるショートカットです。

 

このサイトではPremiereよりもっと安いFilmoraをおすすめしていて、最初から使いやすいショートカットが設定されています。合わせて参考にしてください。

studio.monoist.work