モノイスト

YouTuberのためのWindows特化サイト

【Windows】Photoshopのペンツールの使い方の基本を解説

わたしが初めてWindowsのPhotoshopを使ったときには、このペンツールで挫折したことがあります……。この記事ではあなたが挫折しないように、できるだけわかりやすく、Photoshopのペンツールの使い方を解説していきます。

Photoshopのペンツールで線を書く使い方

Photoshopのペンツールは様々な使い方ができるようになっていて、言い換えると初心者には非常にわかりにくいツールになっています。今回は一番簡単な使い方として、線を書いていく使い方を解説していきます。

この道にある黄色い線をなぞっていきます。

黄色い線

 

まずは「ペンツール」を選択して「シェイプ」にします。

ペンツール

 

塗りを「なし」にして線を「赤」にします。

線を赤に

 

太さをちょっと太くしておきます。

太さを太く

 

まずは直線のままで大雑把に黄色の線をなぞっていきます。

なぞっていく

Photoshopのペンツールで曲線にする使い方

まずは直線にしておいて、ここから曲線に調整していくのが、Photoshopのペンツールの特徴です。

「ペンツール」をクリックで長押しして「アンカーポイントの切り替えツール」を選択します。

アンカーポイントの切り替えツール

 

アンカーポイント(白い点)をドラッグすると、曲線を調整する青い線が出てきます。

この青い線の長さと角度で曲線に調整します。

アンカーポイント

 

もうひとつのアンカーポイントも同じようにドラッグして曲線に調整します。

アンカーポイント

 

曲線を調整するためにアンカーポイントを動かすときは「Ctrl」キーを押しながらアンカーポイントをドラッグして動かします。「Ctrl」キーを押すとマウスのポインタが変わるので、その状態でドラッグします。

アンカーポイントをドラッグ

 

もうひとつのアンカーポイントも「Ctrl+ドラッグ」で調整します。

アンカーポイントのドラッグ

 

曲線にするときに出てきた青い線の端をドラッグすると曲がり具合を微調整できます。

曲がり具合を微調整

 

Photoshopのペンツールでの、基本的な操作はこれだけです。ざっくりと線を書いてから微調整するという使い方ができれば、どんな曲線でも書けるようになります。

ただし、この曲線を矢印にすることはできません。

 

このサイトでおすすめしているAffinity Photoであればペンツールで矢印が書けますし、もっと簡単にペンツールが使えるようになっています。合わせて参考にしてください。

studio.monoist.work