モノイスト

YouTuberのためのスキル解説サイト

Final Cut Proで動画の一部にモザイクをかけて追従させる方法(モーショントラッキング)

わたしはFinal CutとPhotoshopを使ってYouTubeを収益化しました。やっとと言いますか、Final Cut単体でモーショントラッキングができるようになりました。ここではFinal Cutでモザイクをかける方法と追従させる方法を解説していきます。

Final Cutでモザイクをかける動画編集

「エフェクト>スタイライズ」の中にある「センサー」が日本で言うモザイクです。

センサー

 

モザイクを動画にかけます。

動画にモザイクをかける

 

モザイクの位置を合わせますが、これではモザイクが大きすぎるので……。

モザイクの位置

 

シェイプマスクをかけます。

シェイプマスク

 

シェイプマスクを四角にして位置を調整します。

四角にする

 

そしてシェイプマスクの大きさを合わせます。

シェイプマスクの大きさ

 

これでモザイクを動画の一部にかけられましたが、追従してはいません。

動画の一部

 

Final Cutで動画の一部にモザイクをかけられるようになったので、次は追従させる方法を解説していきます。

Final Cutでモザイクを追従させる方法

先ほど解説した方法で、エフェクトのセンサー(モザイク)をかけたら、モザイクをかける顔に対して大きめにモザイクをかけておきます。

モザイクの位置

 

画面の一部にモザイクをかけたときと同じように、シェイプマスクを追加します。

シェイプマスクを追加

 

モザイクをかけたい範囲にシェイプマスクをかけます。

シェイプマスクをかける

 

プレビュー画面上のトラッキングのボタンを押して、横にあるリンクボタンを押すと、Objectトラックが追加されます。

Objectトラックが追加

 

この状態で「解析」ボタンを押すと、トラッキングの解析が始まります。

解析ボタンを押す

 

解析が終わったら「完了」をクリックします。

完了をクリック

 

プレビューで見てみると、このようにモザイクが追従するようになっています。

プレビュー

 

このままですと、位置と大きさに加えて、回転する方向にもトラッキングされています。パラメーターを変更したりもできますし、トラッキングの方法も選択できますが、まずは自動でやってみて気に入らなければ変更するようにしていけば良いでしょう。

 

 

 

Final Cut Proの使い方まとめ

Final Cut Proのカット編集やテロップなどの使い方

Final Cut Proでエフェクトを追加/削除する方法(エフェクトの使い方)

Final Cutで動画の一部にモザイクをかけて追従させる方法

Final Cutでスローモーションの動画編集をする方法

Final Cut Proで縦動画や自由なサイズの動画を編集する方法

Final Cutのライブラリ容量が大きすぎる問題を解決する方法