モノイスト

YouTuberのためのWindows特化サイト

YouTubeのサムネイルをフォトショップで作る方法

わたしはMacのフォトショップとFinal Cutを使って、YouTubeチャンネルの収益化を担当しました。この記事ではWindowsのフォトショップを使ってYouTubeのサムネイルを作る基本的なやり方について解説していきます。

YouTubeのサムネイルに使うフォントについて

ほとんどのYouTuberがMacのフォトショップを使ってサムネイルを作っていると思います。Macを使っていると「ヒラギノ角ゴシック」というフォントが使えるので、簡単に見栄えの良いサムネイルを作ることができます。

Macのフォトショップを使うのであれば「ヒラギノ角ゴシック」を使っておけば大丈夫です。

 

Windowsの場合には角ゴシックがインストールされていません。

そこでわたしはよくM+フォントというフォントを使っています。このフォントを使えるようにする方法はこちらの記事で解説しています。

studio.monoist.work

この記事でもM+フォントを使っていきます。フォントは後からでも追加できるので、まずはYouTubeのサムネイルをどうやって作るのか見ておいても良いと思います。

YouTubeのサムネイルをフォトショップで作る方法

わたしはいつも動画の内容がよくわかるように、動画のスクリーンショットを撮ってサムネイルに使っています。

今回もスクリーンショットを撮って保存した画像ファイルを開きます。

画像ファイルを開く

 

「横書き文字ツール」をクリックして、動画のタイトルを表示したい部分をクリックします。

横書き文字ツール

 

とりあえず文字の大きさを「72pt」にしておきましょう。

72pt

 

動画のタイトルを入力していきます。

動画のタイトル入力

 

文字全体を選択して「M PLUS 1」にします。

この「M PLUS 1」が最初に言っていた角ゴシックフォントです。

M PLUS 1

 

タイトル文字の大きさを直接入力します。90ptにしてみました。

タイトル文字の大きさ

 

もうちょっと文字の間隔を良い感じにしたいので、フォルダアイコンをクリックして文字ウインドウを開きます。

文字ウインドウ

 

行送りの間隔を自動から変更します。直接、95ptを入力しました。

行送りの間隔

 

文字は白抜き文字が一番使いやすいので色を白にします。

色を白に

 

文字ウインドウをいったん閉じておきます。

文字ウインドウを閉じる

フォトショップでサムネイルの装飾をする方法

ここからフォトショップの「レイヤー効果」を使って白抜き文字を作っていきます。

文字のレイヤーを右クリックして「レイヤー効果」を選択します。

レイヤー効果

 

「境界線」にチェックを入れて選択します。

境界線にチェック

 

「外側」にして「サイズ」を大きくします。

サイズを大きく

 

境界線の「カラー」を濃い青にしてみましょう。

濃い青

 

これで白抜き文字が出来たわけですが、わたしは印象を強く出すためにもうちょっとレイヤー効果を使っています。

白抜き文字

 

「境界線」の後ろにある「+」をクリックするともう一度境界線が使えます

境界線の+

 

色を白にして、サイズを大きくします。

サイズを大きく

 

これで、白抜き文字をさらに白で囲って、インパクトが強めのタイトルが出来たと思います。

さらに白で囲う

 

「OK」でレイヤー効果を閉じます。

レイヤー効果を閉じる

 

「移動ツール」でバランスを整えます。

移動ツール

 

これでいったん完成です。

サムネイル完成

このサイトでは、フォトショップよりもっと安いAffinity Photoを使ってサムネイルの作り方を解説しています。合わせて参考にしてください。

studio.monoist.work

フォトショップでサムネイルの見た目を整える

さきほどで完成でいいのですが、YouTubeという文字がちょっと浮いたように見えるので、このあたりをもっと整えるの見栄えの良いサムネイルにできます。

「横書き文字ツール」でYouTubeの部分を選択します。

YouTubeを選択

 

ちょっとフォントのサイズを大きくします。

サイズを大きくする

 

「e」と「の」の間のカーニングを狭くします。

カーニングを狭くする

 

これでかなりバランスが良くなりました。

サムネイル完成

 

カーニングの調整までやっているYouTuberはほとんどいないと思いますが、きれいなサムネイルを作りたいならカーニングの調整までやってみるといいと思いますよ。