モノイスト

YouTuberのためのスキル解説サイト

Final Cut Proで縦動画や自由なサイズの動画を編集する方法

最近、動画編集の仕事でFinal Cutを多く使うようになりました。このFinal Cutで縦動画などの自由な大きさの動画を編集できないのか……実は、簡単に自由なサイズの動画が編集できるようになっているのでやり方を解説していきます。

自由な大きさの素材を用意して動画を編集する

例えば、このブログでは多くのアニメーションGIFを使っています。スクリーンのキャプチャが素材になるのですが、多くは16:9の比率になっていません。また縦動画も16:9ではないので、プロジェクトの設定を縦動画の比率にする必要があります。

 

縦動画の比率ってどうなっているのか?

難しく考えなくてもいいので、まずはFinal Cutに、素材となる動画を読み込んでおきます。

動画を読み込んでおく

Final Cutで縦動画などの自由なサイズのプロジェクトを作成する

次にプロジェクトの作成です。

素材となる動画、つまり自由なサイズの動画を右クリックして「新規プロジェクト」を選択します。

新規プロジェクト

 

プロジェクトの作成画面で「カスタム」を選択します。

カスタムを選択

 

カスタムを選択すると縦動画の9:16ではない、素材に合わせたサイズに変更されます。

素材に合わせたサイズ

 

フレームレートも、素材に合わせて60pになっているので必要に応じて30pなどに変更しておきます。

30p

 

「OK」をクリックすると、素材に合わせたサイズのプロジェクトとなり、素材がタイムラインに配置された状態になるので、編集していくことができます。

OKをクリック

 

YouTubeのショート動画やTikTokなど、縦動画を編集する機会が多くなっているので、これでFinal Cutを便利に使うことができると思いますよ。

Final Cut Proの使い方まとめ

Final Cut Proのカット編集やテロップなどの使い方

Final Cut Proでエフェクトを追加/削除する方法(エフェクトの使い方)

Final Cutで動画の一部にモザイクをかけて追従させる方法

Final Cutでスローモーションの動画編集をする方法

Final Cut Proで縦動画や自由なサイズの動画を編集する方法