モノイスト

YouTuberのためのスキル解説サイト

Final Cut Proでエフェクトを追加/削除する方法(エフェクトの使い方)

わたしはFinal Cutを使ってYouTubeの収益化を担当して、Final Cutではよくエフェクトを使っていろいろな演出をしていました。この記事では、エフェクトの追加と削除のやり方について解説していきます。

Final Cut Proでエフェクトを追加する方法

Final Cutでエフェクトを追加するのは簡単です。

タイムラインの横にあるエフェクトボタンをクリックしてエフェクト一覧を開きます。

エフェクト一覧

 

かけたいエフェクトをタイムラインの動画部分にドロップします。

今回は「ブラー>ガウス」で画面をぼかしてみましょう。

ブラー>ガウス

 

これでエフェクトがかかりました。

エフェクト

Final Cut Proでエフェクトを削除する方法

エフェクトをかけたものの、ちょっと気に入らないから削除したい。

この場合はまず、エフェクトが表示されているプロパティのチェックを外せば、一時的に削除することができます。

エフェクトを削除

エフェクトをかけた演出と、エフェクトをかけない演出を比較するときに便利です。

 

このエフェクトをもう使わないのであれば、完全に削除することもできます。

エフェクトのプロパティ(この例ではガウス)を選択して、黄色い枠がついている状態にします。

黄色い枠がついている状態

 

黄色い枠がついている状態で「Delete」キーを押すと、エフェクトを完全に削除できます。

Deleteキー

Final Cut Proの使い方まとめ

Final Cut Proのカット編集やテロップなどの使い方

Final Cut Proでエフェクトを追加/削除する方法(エフェクトの使い方)

Final Cutで動画の一部にモザイクをかけて追従させる方法

Final Cutでスローモーションの動画編集をする方法

Final Cut Proで縦動画や自由なサイズの動画を編集する方法

Final Cutのライブラリ容量が大きすぎる問題を解決する方法

Final Cutで背景を透過させた素材を作る方法