モノイスト

YouTuberのためのスキル解説サイト

Final Cutで背景を透過させた素材を作る方法

わたしは仕事で動画編集をすることもあるのですが、例えばYouTubeのエンディングなど、同じ素材を使い回すことってよくあると思います。この場合、メインの映像は毎回違って、エンディングのメッセージだけ共通なので、背景を透過させた素材を作る必要があるわけです。その作り方です。

Final Cutで背景を透過させるプロジェクト

通常の動画では「H.264」などのコーデックを使いますが、この通常のコーデックには「透過(アルファチャンネル)」の情報がありません。Final Cutであれば、ProResというコーデックが使えるので、透過する情報の入った映像を作ることができます。

 

新規プロジェクトを作成します。

新規プロジェクト

 

プロジェクトの「レンダリング」を「Apple ProRes 4444」にします。

Apple ProRes 4444

 

この設定のプロジェクトで、背景を透過させた素材を作っていきます。

例えばこんな感じですね。

背景を透過させた素材

 

黒の部分には、何の要素も入っていないので、ここを透明にして書き出しがしたいわけです。

Final Cutで背景を透過させた素材を書き出す

プロジェクトで素材を作ったら、後は書き出すだけです。

「プロジェクトの共有>ファイルを書き出す」を選択します。

ファイルを書き出す

 

「設定」をクリックして「Apple ProRes 4444」になっていることを確認します。

Apple ProRes 4444

 

後は「次へ」でファイル名を決めれば、背景が透過された素材が書き出されます。

書き出される

 

実際の動画編集で使ってみると、このように透過されています。

実際の動画編集

 

Final Cut Proの使い方まとめ

Final Cut Proのカット編集やテロップなどの使い方

Final Cut Proでエフェクトを追加/削除する方法(エフェクトの使い方)

Final Cutで動画の一部にモザイクをかけて追従させる方法

Final Cutでスローモーションの動画編集をする方法

Final Cut Proで縦動画や自由なサイズの動画を編集する方法

Final Cutのライブラリ容量が大きすぎる問題を解決する方法